2008年10月15日

小豆ご飯

今日は15日、小豆ご飯の日です。

昔から日本では、毎月1日と15日に
小豆ご飯を食べていました。

小豆には、腎臓を保護する働きがあります。
利尿作用があるので、むくみがちな方には、
とてもオススメな食品です。

そんな今日の夕食は、

小豆ご飯ディナー.JPG

もちろん、小豆ご飯です(笑)
白擂り胡麻をたっぷりかけて…

人参、蓮根、若布、玉葱、じゃが芋の具沢山お味噌汁に、
主菜は、きのこチャンプルー、
副菜は、白菜と揚げの煮びたしを。

きのこチャンプルーは塩・胡椒味で、
長葱と凍らせ豆腐を使いました。

凍らせ豆腐の作りかたは、簡単!
お豆腐をいったん凍らせて解凍します。
そうするとイイカンジに水分が抜け、
そのままのお豆腐や高野豆腐とは、
また違った食感が楽しめるんです♪

今回のきのこは、
シメジ・エリンギ・エノキ。
シメジ以外は冷凍です。
きのこも、冷凍することによって、
食感や旨味が変わります。
食べきれない時の保存方法としてもオススメです。

そして、白菜と揚げの煮びたしは、
私の大好きな一品です。

お弁当のおかずにもいいですよ☆

小鍋に、短冊に切った白菜と油揚げを入れて、
蓋をして蒸し煮にします。
水分は、白菜を洗ったときの水気と、
白菜からでる水分だけ。
白菜が柔らかくなったら、お醤油を加えて、
少し馴染ませて出来上がり。

私は、三之助豆腐の油揚げがお気に入り。
ダシも使わず、調味料はお醤油だけでも、
充分、美味しいお味に仕上がります。
お醤油も、厳選素材を使って
昔ながらの製法で仕込まれたものを、
愛用しています。

シンプルに美味しく仕上げたいからこそ、
調味料はいいものを。

私のこだわりポイントですぴかぴか(新しい)















posted by YUMI at 23:40| マクロビオティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。